ベランダ菜園に不向きなベランダとは?

ベランダ菜園に不向きなベランダとは?

野菜だけではないですが、食物や花を育てるのに欠かせないのが水とそして日当たりです。

 

日当たりが良さすぎるも考えものですが、日当たりが悪いのもダメです。
ここではベランダ菜園に不向きなベランダについて紹介します。

 

マンションのベランダ

 

ベランダ菜園に向かないベランダは?

 

ズバリ、西のベランダです。

 

西日が直接当たるので水やりなどが難しいと言われています。
夏は直射日光が強すぎるので西や東のベランダだと野菜が日焼けしすぎる可能性も高いです。

 

そして、日当たりが悪いベランダも向きません。
日当たりは方角というよりまわりに障害物があるかないかですね。
まわりが高い建物だったりベランダの柵が日光を遮断するタイプだったら注意が必要です。

 

一方、ベランダ菜園に向いているのが、南か東南のベランダです。ただ、南向きのベランダであっても屋根が大きく覆いかぶさっている場合は、夏になると太陽が当たらない時もあります。

 

それでも、日当たりが良すぎても悪すぎても肥料やグッズなどで対策できます。
又、日当たりが悪くても育ってくれる野菜(ミツバやセリやみょうが等々)なども植えてみるのもいいですね。

スポンサードサイト



ベランダで植えるオススメ野菜 再生野菜の作り方 ベランダ菜園の害虫対策 ベランダ菜園のノウハウ